2009年02月07日

カンポの宿

最近、理不尽な話題で持ち切りですね。
カンポの宿を一万円で譲り受け翌年に6000万円で売却するなんて
あまりにも庶民感覚とはかけ離れたおかしな世界です。

毎年多くの人件費などの赤字が出ているからと言う理由で一括で
オリックスに安く売却することが話題になっていますが
オリックスからすれば今頃なんて事をばらすんだみたいな感覚
なんでしょうね。

今回の一連の流れの中で私個人的には、郵政族の官僚や政治家と
民営化によっておいしいところを持って行こうとしている者達との
マスコミを通じて戦争しているようにしか見えません。

どちらもあたかも民営化によって国民にとってメリットがあるとか
国の資産を格安で切り売りしているとかあたかも綺麗ごとを述べて
いますが、結果、自分達さえよければいいというエゴの争いのよう
に見えて仕方がありません。

本当に国や国民にとってプラスになることを考えてくれる政治家や
官僚が出てきてほしいものです。


posted by ヤクのブログ at 14:46| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。