2009年03月26日

WBCのMVPは誰?

WBC、最高の試合で最高の結果でしたね。
不況で暗いニュースの多い中、侍ジャパンがやってくれました。
今回のWBCを私が勝手に総括してみたいと思っています。

何と言ってもこのWBCで活躍した選手と言えば個人的には青木選手
ではないでしょうか?
イチロー選手の不調をカバーしたのは言うまでもなく青木選手で
次のWBCのリーダーも青木選手に間違いないでしょう。

次に北京オリンピックとの大きな違いとして私はキャッチャー城島
選手の存在も大きかったと思っています。
何よりも盗塁の阻止やスローイングの安定感、間の取り方や投手を
引っ張るリーダーシップなど守りの貢献は申し分ないと思いますし
打撃においても存在感抜群と言った感じでした。

投手陣ではMVPに選ばれた松坂選手は韓国、キューバ、アメリカに
全て勝ち投手となり、さすがといった感じですが彼の実力からすれ
ばそれくらいは当たり前といった感じではないでしょうか?
それよりも、今回は勝ち星には恵まれはしなかったものの実際の防
御率や投げた球数などを考えると岩隈投手に最優秀投手賞をあげた
いと思いました。

今回のWBCで名前を覚えてもらえた選手と言えば内川選手ではない
でしょうか?昨年のセリーグ首位打者で右打者の最高打率を達成し
た選手ですが、おそらくWBCがなければほとんどのファンの方はご
存知なかったのではないでしょうか?
右への流し打ち、引っ張ってのホームラン内外野守れる器用さは言
うまでもありません。

最後に私、個人的に今回のWBCのMVPは誰かと問われれば、原監
督と答えます。
理由はメジャーリーガーをはじめ、各球団の主力選手ばかりが集う
侍ジャパンをフォアーザチームに結束させ、チームの勝利に貢献す
る集団に導いたのは原監督をはじめ、首脳陣の手腕によるところが
大きいと思います。
特に、アメリカ戦の前のインタビューの内容や韓国戦の前のインタ
ビューには謙虚さと人間性の素晴らしさを感じましたし、シャンパ
ンファイトの前の掛け声の挨拶などは選手と監督の心が一つになっ
ている事を実感させるものでした。

WBCのメンバーが今年一年自分のチームに戻っても活躍することを
期待しまして勝手な総括をまとめさせて頂きます。





posted by ヤクのブログ at 14:32| Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。