2010年04月21日

本日、新100ドル紙幣発行

久しぶりのブログの更新となりました。

ようやく、春らしい日が多くなりつつありますがいかがお過ごし
でしょうか?

4/21にアメリカで新100ドル札が発行される事を知ってました?

日本人だから全く関係がない!ドルなんて持ってないから!
海外に行く予定もないから!そんな方が大多数かと思います。
もちろん、マスコミでもほとんど取り上げられませんが。

個人的にはあまり関係がないのですが世界の流れとして最近
北朝鮮がデノミを実行し政策的には失敗に終わりましたが
アメリカもリーマンショック後、銀行が次々と倒産している状況
ですが何らかの政策や隠された目的があるのではと勘ぐってみた
くなります。

ネット界ではドルがアメロやレインボーなどの通貨になるなどの
情報が錯乱しておりますが、真相はわかりませんが必ず大きな
目的が隠されていると思います。

話は変わりまして

アイスランドの火山の噴火でヨーロッパの空港が封鎖になったり
と大きな話題になっておりましたが、これから大きな問題となる
のは私は火山灰による作物の影響と思っています。

現時点ではマスコミもその事にまで触れてないですが火山灰による
食料の不足と価格高騰はEUのおよび世界経済に大きなダメージを
もたらすものと確信いたしております。

日持ちのいい食料をまとめて買っておこうかと思っています。

個人的な最近の出来事を綴ってみましたがネガな内容でごめんな
さい。

次回は明るい話題にします。


posted by ヤクのブログ at 14:48| Comment(2) | 世界情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

最近の中国情勢について

最近、仕事で東京や名古屋などに出張することや地元京都の近況を
観察していますと感じる事ですが、観光客に中国の方が非常に多い
なあと実感してしまいます。
しかも、かつての中国のイメージと違い裕福そうに見えます。

日本の観光業界にとっては国内の大不況のなか救世主のような感覚
かもしれませんが、かつての日本の変遷に今の中国が似通っている
ように思いましたので今回はそれをピックアップしてみます。

日本
1964年  東京オリンピック開催
1970年  大阪万国博覧会開催

中国
2008年  北京オリンピック開催
2010年  上海万国博覧会開催

40年前の日本の高度成長期と現在の中国の状況はまさに瓜二つで
悪い事に現在の中国は日本の高度経済成長期よりも急速に経済成長
しているように感じています。
基本的に上記のような国際イベントを続けて行うと公共事業やイン
フラ整備に予算が大幅に使われるし、世界的に資金が流入するので
好景気になってしまうのです。

日本では東海道新幹線や東名/名神高速道をはじめ交通の整備、東京
ではホテルオークラを筆頭に有名ホテルや東京国際空港もこの事を
きっかけに整備されています。

その後、日本はオイルショックやニクソンショックによって高度経
済成長に水をかけられ、プラザ合意による急激な円高でバブル経済
突入。
バブル経済崩壊後はみなさんもよくご存知のように失われた10年
20年となっています。

中国も今後日本の歩んだ道と全く似通った道を歩むのではないかと
感じておりまして、上海万博後オイルショックか水ショック。プラ
ザ合意のような元の切り下げとバブルの崩壊。

日本経済の停滞に中国の方に嫉妬している私ですがかつての善かり
し頃の日本に戻って欲しいと思うのは私だけでしょうか。
年を取ったからこんな事思うのかな?

では、もうすぐ新年度。いいスタートダッシュを・・・

posted by ヤクのブログ at 15:39| Comment(0) | 世界情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

PIIGSが注目されてますね

週末は我が家も大雪で自宅に車で帰れず、久しぶりにバスで家
に帰りました。
今日は一転して暖かいですが体調など壊されませぬ様お身体
ご自愛下さい。

さて、BRICsについては経済の事を意識されている方なら当たり前
のようにご存知かと思いますが、現在は投資の世界では記事のタイ
トルのPIIGSが注目されています。

PIIGSとは、ポルトガル・イタリア・アイルランド・ギリシャ・
スペインという5つの国家名の頭文字を略記したもので、ユーロ
圏内の中で経済力が相対的に弱く、信用力にも劣る為、ユーロの足
を引っ張る恐れがある国家群という意味で使われています。  

日本の国債の発行状況はPIIGSに引けを取らないどころかそれ以上に
ひどい状況で唯一、国内の機関投資家や郵便局、国民個人がその
ほとんどを保有しているのでなんとか体裁を保っていますが
アメリカが崩壊すれば日本も間違いなくと行った状況です。

先日、G7がカナダで開かれていましたが間違いなくPIIGSの特に
ギリシャのデフォルトリスクとEUの影響ひいては世界経済における
悪影響が議題に上がっている事と思います。

日本国内のマスコミ報道は残念な事に世界経済についてはほとんど
触れず、朝青龍のハワイでの動向や小澤幹事長の個人資産ばかりの
報道が目についてしまいます。

トヨタのリコール問題が日経平均の下落の引き金のような形になり
ましたが、良かりし頃の(バブルは除く)日本に戻って欲しいもの
です。
posted by ヤクのブログ at 10:22| Comment(0) | 世界情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

EU大統領って知ってる?

あまり報道されず、日本のマスコミでは大きく取り上げられて
いないものの世界的には大きなニュースだと思うので取り上げ
てみたいと思います。

EU初代大統領にベルギーの首相「ヘルマンファンロンバイ首相」
が選出されました。
報道では瞬間的には取り上げられてはいましたが、世界史的に見
ても歴史の教科書に載るようなとても大きな変革であり、受験の
時事問題の問題には出題必須の項目だと思っています。

というのも今までのヨーロッパ27カ国、人口5億人の新たな国家
の誕生と同じ意味を持ち、もちろん調整は非常に困難であるとい
のが一般的な見方であると思いますが、日本の人口の4倍、アメ
リカの人口の2倍の経済規模の国家誕生といっていいのではない
でしょうか?

言い過ぎかもしれませんが、古代ローマ帝国の復活を戦なく成し
遂げたと思うのは私だけでしょうか?

アメリカの没落の中、中国を代表にBRIC'sの台頭。ヨーロッパが
まとまらざるを得なかったのかもしれませんが時代の大きな変化
である事は間違いないと思いますし、世界経済の中心は中国とい
うよりもやはりヨーロッパだと思っています。

ドルの没落と金を代表とした商品価格の上昇など世界的には加速
度的に変化していますので日本も変わらないといけないし個人も
変化に対応して行く必要があるかと思います。

個人の意識も流れてくる情報だけをキャッチする受け身な姿勢で
なく自らが生き残る為の情報収集。
すなわちインテリジェンスの時代の到来と言えるのではないでし
ょうか?

かなり堅い内容になりましたが、情報収集と取捨選択。
これが今後のキーワードではないでしょうか?

インフルエンザがウクライナで強毒化?などの情報も流れていま
すし、師走が近づいてきましたが、どうぞ体調など崩されません
ようにお気をつけ下さい。

posted by ヤクのブログ at 09:24| Comment(0) | 世界情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

イランのミサイル試射成功

私の地元の京都市にもついに新型インフルエンザ発症者が
出てしまいました。
どこに行くにもマスク姿で又、どこの薬局に行ってもマスクは
売り切れでオイルショック時代のトイレットペーパー状態に
なっております。

さて、今日は私が気になったニュースです。

中東においてイランがミサイルの試射に成功したとのニュース
です。日本ではほとんど情報が流れませんが世界的には注目
されています。
というのもイランは原子力発電所を国内に完成させ、利用目的
を平和利用と主張していますが、イスラエルを中心とした国家
は核開発をしているのではと思っているからです。

日本でも4月に北朝鮮の飛翔体騒動があったところですが、
北朝鮮とイランは繋がっていると新聞報道にも公になっており
マスコミには取り上げられませんが中東において緊張状態が
広がりつつあります。
万一、戦争という事にでもなりますと日本は中東に石油をほぼ
100%近く依存しておりますのでホルムズ海峡を封鎖という
事が起こってしまいますとガゾリンの高騰に始まりトイレット
ペーパー事件の再来のような事が起こりうります。

インフルエンザ騒動や未曾有の金融危機や不況、過去に辿った
歴史を繰り返さないようにしてもらいたいと願っております。

甚だ怖い内容のコメントでしたがいい週末をお過ごし下さい。
posted by ヤクのブログ at 14:02| Comment(0) | 世界情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。